考える足

パリでアレクサンダーテクニークを教えています。日々少しづつ学んでます。

テルミー温灸とマッサージについて

腰痛や肩こりなどを改善したいとお考えの方に私はマッサージなどの手技療法ではなくアレクサンダーテクニークを基本にした機能訓練を主に提案しておりますが、目的に応じてテルミー温灸と軽い部分マッサージも施術可能ですのでご相談ください。

 

★テルミー温灸

温熱刺激作用により、体に暖かい刺激を与えることで私たちが本来持っている自然治癒力を高める施術です。病気の予防や疲労回復、健康増進などが期待できます。

テルミーの温熱刺激作用によって血液やリンパ液の流を良くし、全身の疲労回復、筋肉のコリと痛みを和らげ、内臓の働きを活性化させる効果があります。

テルミーのぬくもりは優しく穏やかです。こどもからお年寄り、妊婦さんまで施術が受けられます。また副作用もなく医薬品との併用も差し支えありません。

 

★マッサージ (O2kraftオイル使用)

私は何か特殊な理由がない限りマッサージはお勧めしません。特に最近フランスでも主流になりつつある強いマッサージは注意が必要です。

筋肉は、強い刺激を受け続けると、刺激から身体を守るため硬くなってしまいます。
連続して強い刺激のマッサージを受けると筋肉はさらに硬くなり、体が楽になるどころか筋肉がますます固くなってしまう悪循環に陥ってしまいます。

筋肉は比較的穏やかな適度な刺激でマッサージしたほうが緊張が解けやすくなります。

 

(O2kraft オイルについて)

*血行促進 疲労回復
*肩こり 筋肉疲労
*冷え むくみ改善 など

O2kraftは皮膚への浸透性に優れ
マッサージに適したピーナッツオイルに
酸素を結合させ、リラックス効果や抗炎症作用のあるローズマリーを配合
抗酸化作用は、血管をきれいにして
血行を良くするとともに、
酸素の働きによってホルモンのバランスや
自律神経のバランスを整えます

O2kraftを塗ることで、
自分の望む部位へ効率良く皮膚から直接酸素を
取り入れることができます
そして血流を改善し、
冷え性やむくみなどの解消、
筋肉疲労の原因の乳酸や脂肪を分解、
炎症を抑えるなど効果があります

サロン専売品で、ほとんど宣伝されていない為
「知る人ぞ知る」というような商品ですが
効果の高さに口コミで広がり、
有名なアスリートやダンサー、肩こりなどに
悩まれている方々に広く愛用されています。

 

 

 

 

夢に向かって頑張るということ。

アレクサンダーテクニークの生徒さんには、音楽やダンス等の分野にかなり力を入れている子供たちが結構います。

みんな夢に向かって頑張ってる?って知りたくて私が最初に聞く質問の一つに「将来その道でプロになりたいって思ってる?」です。いろんな答えが返ってきますよ。もちろんニッコリOui!(はい!)ってきっぱり答える子、「まだわからない」って子。答え方は色々です。もちろん正しい答えなんてないし、明日のことはわからないのが人生なわけで。。。でも私のところにくる子は「まだわからない」って言ってる子でもほとんどプロへの道に少しづつのっかている子たちで、学校と習い事のバランスの取れる時間調整クラスに通っている子がほとんどです。そして謙虚なタイプのご両親でも「もしかしたらこの子は。。。」って思ってる場合が少なくないです。

でもやっぱりみんながみんな頑張っている分野でプロになれるわけではないのが現実です。

 

ということでここでは「プロになるのが幸せか?」という事を考えていきたいと思います。

 本格的にダンスや音楽をやっていると、プロになった子が成功で、プロにならなかった子は落ちこぼれ、断念、という考えがあると思うんです。普通に。

なのでよく「プロになれなかったからOOをしている」となるのですが、OOに入るのは、教師でもいいしなんでもいいんだけど。「なれなかったから」って、自分を貶める必要はないわけで。本当に頑張ったからからこそ「習い事で培った経験を生かして」って言葉を変えるだけで、すごくポジティブな感じになりませんか?頑張ってやったけどダメだったのではなく、思いっきり自分を試して自分を知ったうえで自分のやりたい事が明確になったのです。すごくいい事だと思いません?人生の次のチャプターが開けたのですから。

 だから、失敗を恐れて自分の力の出し惜しみしたらもったいないわけです。
ちゃんと頑張れる子はどんな分野でもしっかり努力できます。
なんとなく、ダラダラやった、のではなく、やりきって、納得して次の道に進んでいる事。そして自分の中でやりたい事がはっきりしていること。つまりゴールがはっきりしている、って事ね。

 甲子園とか駅伝もそうだけど、青春をがっつりかけてやりきった!って素敵だと思うし、人間としてすごく魅力的だと思う。

そしてもう一つの現実として、

逆にプロになっても幸せでない子もたくさんいるのが事実です。
でも職業になっちゃったから今さら辞められるわけでもないし…という人がいるのも知っています。

 国によってはダンサーや音楽家は公務員になるので、研修期間が終わると、終身雇用になる場所もあり、パッションがなくなっても、毎日練習して本番をこなす人がいるという話も聞いています。となると、プロになる「だけ」が幸せじゃないんだよね、って気づくよね。

いい大学にさえ入れば、とか大手企業に入社したから、給料がいいから、幸せ、っていうのはやっぱりなくて、
もの、や未来、状況が幸せにしてくれるのを願うのではなく、
今の自分が幸せでないと一生幸せにはなれないと思うんだよね。
今の連続が、未来を作るんだからさ。

 

 

レッスンを受けるにあたって私が皆様に提供できること。

世の中には体や心に働きかけることによりより健康的に本来の自分を取り戻すメソッドが星の数ほど存在しています。大まかに分類してみると。

よく知られているのはマッサージや鍼灸、整体、カイロプラクティックオステオパシー、霊気などなど、、、主に受け手が受動的で施術者側が働きかける治療的なメソッドがあります。

反対に自分で自分に働きかけるメソッドとしてよく知られている、ヨガやピラティス太極拳などはエクササイズ的な要素を持ち同時に身体教育でもあります。

そしてクライアントが身体と心を繋げるための気づきを、施術者側が手助けしていくメソッドとしてロルフィングやアレクサンダーテクニーク、フェルデンクライスメソッド操体法などがあります。

私が提供するメソッドはアレクサンダーテクニークです。そしてアレクサンダーテクニークを基礎としたヨガ的な身体教育や東洋医学的な手技療法を行います。それはリラクゼーションや治療、エクササイズやトレーニングなどどれにも当てはまりそうでどれにも当てはまりません。

レッスンの目的は、直接的なパフォーマンスアップ、肩こり改善、痛みからの解放や集中力アップというものではなく、自分を知り自身への気づきを増やしていき、解放していくことにあります。そしてその結果としてパフォーマンスアップや痛みや肩こりからの解放が訪れます。

 

頭から足。内側と外側。
全てをつなげて考え、
より効率よく動きやすい身体を作り、日々心身爽快にすごせますようお手伝いできれば嬉しいです。

皆さんの人生において、最大の資本である自分自身の体と心にはその使い方によって無限の可能性があります。

もっと自分を知り、人生を豊かにしていきたい。
という期待に対してお応えできますよう私自身も日々勉強してまいります。

緊張感とうまく付き合う

引き続き「緊張」のお話です。

 

適度な緊張感ってとっても大事です。

実はアレクサンダーテクニークで使わない言葉がけが「リラックス」なんです。

 

何をもって「リラックス」というのかという問題があるのですが。緊張感の全くないグニャグニャというかもう眠っているかもしかすると死んじゃってるような状態じゃ何にもできないということです。

 

生きてる限りどこかに何らかの力が入っているわけで、「適度な緊張感」っていうのがとっても大切なのですが、これが結構曲者なのです。

 

ちょっとした身体的、心理的ストレスがかかった時に、多分私も含めてほとんどの人が必要のないところを緊張させて、力が入るべきところから力が抜けてしまい、きちんと対処できなくなってしまったりするわけです。これが「緊張して思うように動けない」状態です。

 

人それぞれ反応は違うのだけれども、少しずつ自分のストレス反応を変えていく練習をアレクサンダーのレッスンでは学んでいけるのです。

レッスンの予約

レッスンの予約は下記のメールアドレスにご連絡いただけましたら折り返しご連絡差し上げます。アレクサンダーテクニークに関しては個人レッスンのみとなります。またレッスンは基本出張レッスンになります。別途料金が発生しますがスタジオを借りることもできますのでご相談ください。

またアレクサンダーテクニークを基本とした様々なコンディショナルトレーニングも可能です。こちらは少人数のグループレッスンも承っております。

例・O脚、外反母趾、肩こりや首コリ、腰痛の改善など。また運動は嫌いだけど体を動  かした方が良いのかなとお考えの方、高齢の方など個人別に効果的なヨガをベース  とした無理のないトレーニングを提供いたします。

注・心の問題

  前例としては軽い鬱などの改善例はございますがカウンセラーではありません。

  レッスンは日常の動きを見直していくよう体と意識を使いご自身と向き合っていた  だくため、結果として心の問題が解決することはありますが、直接心の問題を解決  することはできませんのでご了承ください。

  

 

★アレクサンダーテクニーク(個人レッスン)

              1時間 45€ 

★コンディショントレーニング(個人レッスン)

      初回 1時間 50€ 約30分コンサルテーション

               約30分ワーク

      2回目以降

         30分 30€

         1時間 45€

         1時間半 60€ 

         (ボディワーク+アレクサンダーテクニーク、またはマッサージ)

 

 (グループレッスン) 1時間半 20€(一人)

 

★テルミー温灸

       1時間 40€

 

chiehasegawa@hotmail.comまでお気軽にご連絡ください。

緊張してしまう。

アレクサンダーテクニークを教えているとよくある質問に、「どうしたら本番やテスト前に緊張しなくなりますか?」っていうのがよくあるのですが、

 

ちゃんと「緊張しないとダメです」

 

というのが今のところ私の答えです。

緊張しなかったらダラダラしちゃうから。

ちょっとドキドキするような興奮状態って緊張感と高揚感と紙一重なのでは?

 

それでも緊張して心の不安やネガティブな方に引っ張られちゃうって人は、まずドキドキ心配している自分を受け入れて絶対に否定しようとしたり緊張状態から解放されようと心で戦わないことかな。

 

一見心の問題を心だけでなんとかしようとしないことって結構大切なポイントなんです。

 

誰だって体をもって生きてるはずなので、単純だけど体で心を導いてあげることを知っているのと知らないのでは結構いろんなことが変わってくるんじゃないかな?

一流のアスリートや演奏家は無意識的かもしれないけどその辺の心と身体の統一性をわかっているんだなと最近思います。

 

 

 

 

 

 

動きのズレ

こんにちは。

 

うちに子供がバレエを習っているので、私自身はそれほどバレエに関して詳しくないのですがバレエ関係の情報が何となく多くなってしまいます。。。

外出禁止令が出て以来、娘のバレエのレッスンもずーっとお休みです。いまだにいつ頃再開できるかめども立っていない状態です。

お世話になっている先生の一人が週2回バーオソルのレッスンをZOOMでしてくれているのですが普段に比べると不安になるほど何にもしていない状況が続いています。

 

一部の先生方も私と同じような考えでバレエ自体はリモートでは教えないようです。生徒の傾向と先生の教え方の傾向にお互い十分に慣れていればやらないよりはましなのかもしれませんが、そこまでいつも見てもらっている先生でなければこんなはずじゃなかったというような自己流になってしまう可能性があるということだそうです。

 

なんでかな?ということを私流に説明すると。

すべての動作には主観と客観のズレがあるということです。

外から見えている動きと、実際に本人がしている動きにズレがあるといったほうが分かりやすいかな?

外から見えている動作は「そうなる」のであって「そうする」のではないということです。そこを間違えると「そうなる」から「そうして」しまいなんだか違うということになります。

 

バレエの「引き上げ」とか。。。

先生は元プロできちんとできていても無意識の動きを言語化して客観的に表現するときに誤ってしまうことはよくあることです。自分はできていても説明ができないって結構あるんです。

 

だからプロのバレリーナがやっていること、プロのバイオリニストの演奏とかいっぱい動画やインスタグラムとか、素晴らしいパフォーマンスは励みになるし、すごく参考にはなるけど、動きの主観、客観のズレを無視してそのまま真似するのはいろんな意味で危ないかも。。。

 

バレエに限らず、音楽を勉強している人も別にプロを目指してるわけじゃなくても、パフォーマンスを上げるため、怪我をしないため、動きの主観と客観のズレに関する理解があるともっと練習が充実して楽しくなるのではないかなと思ってみました。

f:id:czoumama:20200516232906j:plain